動画コンテナって何?犯罪に繋がる?

WEB・アプリ・ソフト, ネットで話題・SNS

閲覧ありがとうございます。
管理人のATKJPです。

初めに

約2年前の2015年に児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)ほう助容疑「写真袋」を運営する「AIRCAST」の社長が逮捕された事件を覚えていますか?

ここ数年、情報化社会の急進化により小・中学生でもスマホやタブレットが当たり前で一家に一台はすぐ手の届くところにネット環境が整っている時代と化してきました。
もちろん子供ですから、興味本位でいろいろなことをしてしまうのが本能です。

さて、以上がタイトルにもある「動画コンテナ」となんの関係性があるかもうお察しの方はいるでしょう。

このアプリ飛んだ児童ポルノ違反アプリなんです。

今回はこの動画コンテナの危険性とやらについて簡潔に述べて行きたいと思います。

動画コンテナとは?

今までメールやLINE、twitterで小分けに送っていた写真もこのサイトを使えば大量の写真を一度に送ることが出来ます。

引用:http://movie-container.com

仕組み

1.秘密のパスワードを設定して写真を送信
2.秘密のパスワードを入力して写真を受信

以上の送信ホスト側が受信数に応じてポイントが手に入ると行ったシステムだ。
サーバーに一時的に保存され、そのサーバーに保存されたデータをパスワードを利用して手に入れることができるわけです。
サーバーでの保存期間は二週間(14日間)だそうです。

今回の問題点

さて以上の項だけを見るとただの便利なアプリと解釈できるが、何が問題かと言うとここには日々大量のポルノ画像と動画が上げられているのだ。

動画コンテナのパスワードを共有する掲示板やツイッターではハッシュタグを利用してたくさんのパスワードがいわゆる「エロ画像」とともに拡散されているのが現実だ。

運営は?

ご注意
最近、法令、利用規約に反する投稿が増えております。
動画コンテナ運営委員会からの警告を無視し、違反写真を削除しても別IDで送信しなおす悪質な利用者もいます。
現在、悪質違反者に対しての対策を強化するバージョンアップ作業を行っております。
利用者様には、重ね重ね動画コンテナにおいて違法、利用規約違反行為を行わないようにお願いいたします。
動画コンテナ運営委員会

とホームページの下位部分に記載がされていた。

利用規約でこの件に関する記載もされていた(以下)

第1項(コンテンツ投稿)
投稿者は以下の投稿を禁止します。

(1)
違法薬物、火器・けん銃など違法武器、爆発物の製造、売買春、児童ポルノの提供、公文書偽造、殺人、傷害、詐欺、窃盗等の犯罪を肯定・勧誘あるいは助長する又はその恐れがあると当委員会が判断する内容

コレがあるにも関わらずユーザーは普通な顔で日々投稿するんですね…。

と、言いたいところですが先日ユーザーのツイートで気になるものが目に入りました。

「運営に通報したにも関わらず運営は『利用規約に反さない』などとの返答がきた。非常に不謹慎だ。」

といったものでした。

利用規約には明らかに反しているのに適切な対応が取れないまま放置…冒頭にも挙げた「写真袋」とほぼ同じです。

これらは「児童買春・児童ポルノ禁止法」違反に相応する案件であって決して見逃してはならない案件であると重く見ています。

編集後記

児童ポルノはあってはならない犯罪行為です。
情報社会において一度でも上がった写真は動画は半永久的に消えることはありません。
複製がいくらでも可能であり、また魚拓を繰り返されることによって、より自らにおけるリスクは高まるものです。
ユーザー一人一人が気を配って無くしていかなければならないものです。
ぜひこの記事、いやこの案件について多くの人の中で協議され犯罪のないインターネット社会が形成されることをこころより願っています。